【中国語】複合方向補語,結果補語,副詞の「难道」

職場で「かきもなか」をいただきました。
釧路から東に約45kmのところに位置する「厚岸町」(あっけしちょう)の特産品、
「牡蠣」 の形をした最中です。

e0132084_21391810.jpg
e0132084_21393759.jpg

厚岸町では毎年2回、「牡蠣まつり」が開催されています。
ドラム缶を縦半分に割って作ったコンロに木炭を入れて
ガスバーナーで火を起こし、金網の上で焼いたものが大人気。
上側の貝殻を豪快にこじあけると、大きな身がぷるるん。
アツアツの半生をはふはふ食べるのが最高です。
会場の販売コーナーにはゆでたカニなども並びます。
そういえば、もう牡蠣まつりには10年以上行っていないなぁ...

e0132084_21441550.jpg
e0132084_21442848.jpg



◇◆ラジオ講座のおさらい
-----------------------------------
【複合方向補語】
「方向を表す動詞」に「来」または「去」を加えて動詞の後ろに置き、
動作や行動、変化の方向を表す補語のこと。
------------------------------------------------------
語順 →  動詞+【上・下・进・回・过・起・开のどれか】+【来または去】
------------------------------------------------------
●方向補語

 → 来る
 → 行く

 → 上がる
 → 降りる
 → 入る
 → 出る
 → もどる
 → 過ぎる
 → 起きる
 → 離れる・広がる

[走上来] 歩いて上がってくる / [走上去] 歩いて上がっていく
[走下来] 歩いて降りてくる  / [走下去] 歩いて降りていく
[走进来] 歩いて入ってくる  / [走进去] 歩いて入っていく
[走出来] 歩いて出てくる   / [走出去] 歩いて出ていく
[走回来] 歩いてもどってくる / [走回去] 歩いてもどっていく
[走过来] 歩いて近づいてくる, 歩いて渡ってくる
[走过去] 歩いて遠ざかっていく, 歩いて渡っていく

[拿起来]  持ち上げる ← 起来は動作の上向きの方向を現す





----------------------------------------------
【結果補語】
-------------
●動詞+【过头】
-------------
  動作や行為の結果 または状態が、
  「ある限度を超えた」「あるボーダーラインを超えた」という意味。

我 喝 酒 喝过头 了。
Wǒ hē jiǔ hēguòtóu le.  
私はお酒を飲みすぎてしまいました。

我们 走过头 了 吧?
Wǒmen zǒuguòtóu le ba?  
私たちは行き過ぎてしまったでしょう?

-------------
●動詞+【好】
-------------
 ・ 「~し終わる」 動作の完了を表す。 
 ・ 「望ましい結果や状態になる」 「きちんと~する」も表す。
-------------
●動詞+【完】
-------------
 ・ 「~し終わる」 動作の完了を表す。


▼「私は食べ終わりました」を表す場合は、
  「好」と「完」どちらも使える。意味に差はない。
我 吃 了。 Wǒ chīhǎo le.
我 吃 了。 Wǒ chīwán le.


▼「私は中国語をきちんとマスターしたい」を表す場合は「好」を使う。
  「完」は使えない。
我 想 学 汉语。 Wǒ xiǎng xuéhǎo Hànyǔ.




-----------------------------------
副詞の【难道】
「まさか~ではないでしょう」という意味。 
文末にはよく「吗」を添える。

难道 你 变 心 了 吗?
Nándào nǐ biàn xīn le ma?
まさか心変わりしたのではないでしょうね?

小 王 难道 走 了 吗?
Xiǎo Wáng nándào zǒu le ma?
まさか王さんは行ってしまったんじゃないよね?

难道 你们 不 去 吗?
Nándào nǐmen bú qù ma?
まさかあなた達、行かないんじゃないでしょうね?





---------------------------------------------
1日1回、クリックしていただけたら うれしいです。
いつも応援が励みになっています^^
人気ブログランキングへぽちっ。にほんブログ村 外国語ブログぽちっ。



[PR]
by gogakuru | 2011-07-08 22:04 | 中国語/Chinese | Comments(4)
Commented by 藤原 at 2011-07-09 12:34 x
厚岸の「あわび最中」の写真を拝見して、積丹の名物に「あわび最中」があるのを思い出しました。モナカですから、見た目は同じ感じですが、「あわび最中」の中身は、普通のあんこです。「あわび最中」は白なんですね。あわびの色が白いからなんでしょうね。
余談ですが、女房の父親(83)が厚岸の生まれです。漁師になることが不向きとの判断で、警察官の試験を受け、北海道警察の警察官を38年間、務めました。網走署、芦別署、岩内署、札幌中央署に勤務しました。女房の母親(81)は網走の生まれです。ですから、網走市、厚岸市、釧路市などの道東方面には、女房の両親の年老いた親戚が多いのですよ。
Commented by gogakuru at 2011-07-09 23:21
**藤原さんへ
積丹には「あわび最中」があることを興味深く拝見しました。
奥様のお父様は厚岸の出身とのこと、道東にはご親戚が多く
いらっしゃるのですね。厚岸には以前友人が住んでいて、
何度か足を運んだことがあります。とてもいい町です(^^)
Commented by ごーや at 2011-07-10 12:31 x
素晴らしい牡蠣ですね。
焼き牡蠣は広島の宮島で食べました。
美味しくて美味しくて、大好きです。
以来冬に殻付き牡蠣が売られていると一回は焼き牡蠣をします。
でも北海道の大きな牡蠣を食べてみたいです。
シーズンは夏なんですね?
Commented by gogakuru at 2011-07-10 13:23
**ごーやさんへ
広島も牡蠣がおいしいところで有名ですね。ちなみに厚岸のカキ祭りは、5月(桜の時期)と10月に行われます。
厚岸では養殖の時期を調節して一年中出荷しているようですが、
一番美味しい時期は12~2月だそうです。食べたくなってきますね~^^
http://www.ch-hokkaido.net/manyu-tabi/gr_02.html
<< 【ハングル】【-서】 「~(な... 【スペイン語】点過去/線過去 >>