【仏】1500年の伝統 ブルトン語/動詞faire

e0132084_2314565.jpg

■■■TOPIC (言語)

ブルターニュ地方で使われている「ブルトン語」は、1500年の歴史を持っている。
起源はケルト民族。(スコットランド人、ウェールズ人、アイルランド人などと同じ起源)
ラテン系言語ではないので、フランス語とは語順が逆になることもあるらしい。

フランス語が話されるようになって話し手が減ってきて、今はおよそ20万人がブルトン語
を話しているけど、主に高齢者。でも1977年頃からブルトン語の教育が本格的に始まり、
いまでは完璧にブルトン語を読める若者もいる。こどもにブルトン語を教える家庭も増え、
ブルトン語は幼稚園から大学まで教えられている。


*--- いろいろブルトン語 ---*
こんにちは 「DEMAT.    デマート
ありがとう 「TRUGAREZ.トゥルガレ
さようなら 「KENAVO.  ケナヴォ


--------------------------------------------
■■■表現おさらい

【faire】動詞]~をする/行う/作る/天候/値段/~させる
je fais|tu fais|il fait|nous faisons|vous faites|ils font

--------------------
Qu'est-ce que vous faites ce soir? (あなたは)今晩何をしますか?
Je fais de la gym.              私は体操をする。
Je fais les gateaux.             私はケーキを作る。
Il fait beau aujourd'hui.          今日は晴れだ。
Ça fait combien? - Ça fait 10 euros. いくらですか?~10ユーロです。
Je fais venir mon fils chez moi.     息子を自宅に来させます。


--------------------
近接過去 Je viens de faire du piano. 私はピアノを弾いたばかりだ
近接未来 Je vais faire du tennis.    私はテニスをするつもりだ


--------------------
直説法複合過去 J'ai fis les courses.   私は買い物をした
直説法半過去   Je faisais des crêpe.  私はクレープを作っていた




--------------------------------------------
にほんブログ村 フランス語ブログへ にほんブログ村 外国語ブログへ 人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。
ポチッと1日1回ずつ、押していただけたらうれしいです。

[PR]
by gogakuru | 2008-08-04 22:57 | フランス語/français | Comments(0)
<< 【韓】創作料理「フュージョン」... 【伊】ひさびさに復活!「ヴィオ... >>