【英語】折り紙 ~ 折る,畳む(Trad Japan)

e0132084_22113259.jpg
**
今回のトラッドジャパンのテーマは「折り紙」でした。
「四角い紙を折る」というシンプルな方法で色々な形を表現
できるなんて、素晴らしい文化だな~と思います。
そういえば子どもの頃、キャラメルの包み紙でミニサイズの
鶴を折って遊んだことがあったっけ...
この前、久しぶりに鶴を折ろうとしたら途中から手順を忘れて
いました。ちょっとショック! 
風船の折り方も記憶がアヤシイなぁ( ̄▽ ̄;)



まぁ その話は置いといて、今回の放送でとても興味深かったのが
Word&Culture 」のコーナーでした。
" fold と「折る」" という単語について以下の説明がありました。

----------------------------------------------
●英語では「折る」を表す単語が複数ある。fold, break, bend など。
「どのような状態で折るのか」によって細かく言い分ける。
 → 日本語では いずれも「折る」だけで表す。

----------------------------------------------
●日本語では「折る」と「畳む」を言い分けている。「折る」は
 平面のものに角度をつける行為で、畳むは小さくまとめ上げる感じ。
 → 英語では いずれも動詞「 fold 」を使って表す。

----------------------------------------------
e0132084_22121544.jpg

江口先生は番組の中で
「日常生活の文化の違いは、言葉の随所に微妙な影響を与えるもの」
とお話されていました。


「暮らしとコトバの関係」――― とても興味深いです。
ゴガクを続けていたら、きっとこれからも様々な
生活文化やコトバとの出会いがあるんだろうな~。




◆◇関連リンク
・トラッドジャパンの「フレーズ・例文
・フレーズ集 日本の文化(自分のフレーズ集)
・トラッドジャパン ブログ「にっぽんを英語で語ろう!「10月13日の放送(折り紙)」」



---------------------------------------------
まだまだ未知の世界がいっぱいありそう( ̄▽ ̄*)


人気ブログ ランキングぽちっ。外国語ブログ ランキングぽちっ。




[PR]
by gogakuru | 2009-10-15 22:20 | 英語/English | Comments(9)
Commented by つたまる at 2009-10-15 22:28 x
日本語では「米」「ごはん」「ひやめし」「おこわ」
いっぱいあるけれど、英語では「rice」オンリーですよね。

逆に、「ロース」「カルビ」「ヒレ」いっぱあっても
日本語では「牛肉」のみ・・・。

食文化は、言葉の影響大です( ̄▽ ̄)σ
(中華料理の、調理法の数だって凄い★)
Commented by 齊藤 弘樹 at 2009-10-16 06:25 x
はじめまして! ブログランキングから来ました。

カナダ人と働いている時に、紙を折るを「fold1」と言えずに身振り手振りで説明した時を思い出しました。

また畳むという言葉。

なんだかとっても日本人らしい言葉のように感じてしまいました。

また拝見しに来ます。

応援ぽちっ♪
Commented by loro at 2009-10-16 19:39 x
gogakuruさん

私もこの10月から『トラッドジャパン』を見始めました。
文楽、日本酒、折り紙の3つしかまだ見てないんですけど、純粋に英語の勉強教材として、役に立つことが満載です。
他のテキストよりは判型が小さいし、値段も高い(580円)けど、テキストを買って正解でした。
今、アンコールイタリア語応用編で放送している『ルネサンスの名画』も同様ですが、何か主題があって、それを学ぶことで知識の幅が広がるような講座って、本当に役に立ちますよね。
Commented by gogakuru at 2009-10-16 21:25
**つたまるさん
食とコトバ、いろいろありそうですね。
中華料理の調理法ってたくさんありますねー!
蒸,烤,煎,炒,爆,烹,炸,煮,拌,炖,烩...
ちょっと調べてみただけでも、こんなにあってビックリです。
食材が出てくる慣用句なども色々あるのかな~。( ̄▽ ̄*)
Commented by gogakuru at 2009-10-16 21:35
** 齊藤 弘樹さん
はじめまして。コメントと応援ポチッ、ありがとうございます。
齊藤さんはカナダの方に折紙を教えたことがあるんですね!
私もいつか折紙で他国の方と交流してみたいです♪
「畳む」という言葉は日本人の生活と関係が深いですよね。
屏風や茶ぶだいのほかにもフトンや着物などなど...
「物をたたんでコンパクトに収納して、生活空間を広く多目的に
使うと」いうお話が番組の中で説明されていました。( ̄▽ ̄)
Commented by gogakuru at 2009-10-16 21:54
**loroさん
トラッドジャパン、いい番組ですよね。
loroさんと同じく私もテキストをとても気に入っています。
英語表現とともにある日本文化の読み物も、とてもいいですね♪
今後のテーマもとてもたのしみです!
Commented at 2009-10-20 07:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ますみん at 2009-10-23 18:27 x
あ、これ聞きました~。

テレビだったんですが、いろいろやりながらだったので、聞くという感じになりました。

気象用語も、日本語だといろんな言葉があるのに、他の国の言葉にするともっと数が少ないと聞いたことがあります。

楽しいですね~。
Commented by gogakuru at 2009-10-23 21:35
**ますみんさん
お、折り紙の放送をつけてたんですね~!
いろいろ楽しい内容でしたね。
気象用語といえば、日本の同時通訳者の方が、日本の気象情報を
アメリカに同時通訳するときに苦労すると言っていました。
意訳をたくさんしているそうです。
文化かわれば表現も変化する...興味深いですねーー( ̄▽ ̄*)♪
<< ロシアで日本語を楽しく学ぶ子供達 【スペイン語】たいのオーブン焼... >>