【スペイン語】あぶない!転ぶとこだった/現在完了形

e0132084_229402.jpg

**
por poco (ポる ポコ) ...もう少しで
me caigo (メ カイゴ) ...動詞caerse 「転ぶ」の
             主語が「私」のときの現在形。


ラジオ講座で紹介された表現。
この例文、自分的によく使うような気がする( ̄▽ ̄;)
この前の中国語の うっかりシリーズ といい、最近の
語学講座は身近なテーマが多いです。だはっ。




--------------------------------------------
【ひとことmemo*】
今回のテレビ講座で取り上げたのは「現在完了形」。
Haber の現在形過去分詞 で「~した」と表現できます。

-------------------------------
haberの活用 
he (エ)私は(~した)
has (アス)きみは(~した)
hemos (エモス)私たちは(~した)


-------------------------------
過去分詞 
viajarviajado (ビアハド) 旅をした
llegarllegado (ジェガド) 到着した
comercomido (コミド) 食べた


-------------------------------
He viajado en tren.
エ ビアハド エン トれン
(私は~した/旅をした/~で/列車)
「(私は)列車で旅をしました。


-------------------------------
Ya hemos llegado.
ジャ エモス ジェガド
(すでに/わたしたちは~した/到着した)
「(私たちは)もう着いたよ。


-------------------------------
¿Ya has comido paella?
ジャ アス コミド パエリャ
(すでに/きみは~した/食べた/パエリャ)
「(きみは)もうパエリャは食べた?




---------------------------------------------
TV講座のベゴーニャのリポートは
アンダルシアの洞窟ホテルでした。
夏はひんやりして気持ちよく、冬は
暖かいんだそうです。¡Muy bien!

人気ブログ ランキングぽちっ。外国語ブログ ランキングぽちっ。



[PR]
by gogakuru | 2009-08-11 22:51 | スペイン語/Español | Comments(6)
Commented by 錦乃助 at 2009-08-12 02:23 x
いつも楽しく拝見させていただいてます。

つまらない質問なんですが、「パエリャ」は「パエジャ」にならないのは固有名詞だからですか?
ちょっと気になりまして m(_ _)m  ぽち!
Commented by gogakuru at 2009-08-12 23:16
** 錦乃助さん
テキストでは「パエリャ」と表記していたのでそれを載せましたが、
スペイン語の「lla」は土地によって「リャ」「ジャ」どちらの発音もあるので
「パエジャ」もOKのようです。ああ、食べたくなってきた~( ̄▽ ̄*)
Commented by Cécile Merz at 2009-08-13 19:14 x
 毎朝、スペイン語はオンエア時は通勤時になるので、歩いて聞いております。
慣れているつもりでも、Por poco me caigo.になることも^^;
ちなみに私は「ll」の発音は リャ系好みです。
そういえば、時々「シャ」にも聞こえますね~
Commented by gogakuru at 2009-08-13 23:25
**Cécile Merzさん
おっと、Por poco me caigo.ですか、お気をつけて! ...などと書いて
おきながら実は私、冬の北海道の凍った道路(交差点の横断歩道)で
見事に転んだことがあります。しかも朝の通勤ラッシュの中で(T▽T)(泣)

「ll」ってリャもジャもあって迷っちゃうけど、単語によって「これはリャがいいなー」
とか「これはジャかな~」とか気分で言っちゃってるので
私には統一性がありません( ̄▽ ̄*)ゞ
ああ、言われてみれば「シャ」っぽく聞こえることもありますね~
スペイン語圏は広いんだなあ~!
Commented by deziz at 2009-08-14 03:36 x
 私はチリ人の先生に習ってからllaを「ジャ」と発音するようになりました。でも、¿Como se llama?の時は「ジャ」の音が若干「ャ」に近いかなぁと思います。「ジャ」の音を”lla”と頭の中で置き換える癖がついていると、今度は別の国の話者が、"Yo soy.."を「ジョ ソィ」と発音した時、すぐに反応できませんでした。(頭の中に"Llo soy"なんてスペルが浮かんでしまったため)
 別の先生から習い、コスタリカで短期間ホームステイしてスペイン語を勉強した夫は、決してllaを「ジャ」と発音しないので(「ャ」だったでしょうか?)、実は同じ単語のことを話しているのに話が噛み合わない時もあります。(^^ゞ
 一方、英語を学んでいるヒスパニック系生徒さんたちの多くは、英語のllという綴りが「ジュ」でも「ュ」でも無い時に頭を抱えたり(例:call)、Yesを「ジェース」としか発音できなかったりします。こういう時私達は、"Ies"などと『読み仮名』をつけてあげるようにしてるのですが・・。
 話が逸れてしまいましたが、このllとyは時々悩ましい問題となって浮上(fullou??)してきます。(^^ゞ
Commented by gogakuru at 2009-08-14 21:35
**dezizさん
 チリの方は「ジャ」なんですね。dezizさんの言うとおり、「ll」は「ャ」に聞こえる
時もありますね。Me llamo~は「メジャモ」とか「メャモ」の発音を聞いた
ことがあります。私にとっては全然ちがう音だけど、スペイン語圏の方には
どちらの発音も自然に聞こえるんでしょうね。
 「Yes」が「ジェース」にしか発音できないとの話、とても興味深かったです。
そうか!母語の発音になぞらえるとそうなりますよね。
"Ies"と仮名をふるdezizさん、すばらしいです。
日本人が中国語を音読みするのも、Yesを「ジェース」と読む原理と似ていますね。
 そうそう、浮上を「fullou」と表現したdezizさんにザブトン1枚!あはっ♪
<< 【中国語】食器洗や就寝時にTV... 【ドイツ語】möchte と ... >>